成年後見人のお手伝いします

神戸の遺品整理はエイトマンに!

TOP>コラム・情報>成年後見人

成年後見人より頼まれる遺品整理

成年後見人とは認知症や知的障害、精神障害などにより判断能力が不十分な人の権利や財産を守るため、家庭裁判所が選任した法定後見人のことをいいます。
 
そして弁護士や司法書士が法定後見人の8割を占めています。
 
これに対して推定500万人以上という認知症高齢者に対して利用者は18年末で22万人と少ないのが現実です。
 
そして、お亡くなりになった方の遺品の整理を我々専門業者に依頼されることが増えています。
 
エイトマンは被相続人の死後の遺品整理を多く手掛けていて、そうした後見人の皆様のお力になればと考えています。
 
お亡くなりになった後の遺品整理の時、特に依頼される案件の中で多いのがまだみつかっていない重要書類通帳印鑑現金といった貴重品の探索です。
 
エイトマンは今までの経験を生かし、後見人の方の立ち会いの元で徹底した分別・仕分けで貴重品を探し出します。