事件現場の清掃は的確な作業のエイトマンにお任せ下さい

神戸の遺品整理はエイトマンに!

TOP>コラム・情報>事件現場清掃

事件現場清掃は一般の業者では対応できない

最近では、状況ゆえに孤独な状態で亡くなってしまい、死後の発見が遅れてしまうケースや、自ら命を絶ち、その後発見が遅れてしまう、事故死によって時間が経過した状態で発見されることによって、特殊清掃が必要になる場合があります。
そのような場合、家族が感じるショックは大きなものですが、悲しみが癒えるのを待つような猶予を与えず事件現場清掃の問題が出てきます。
事件現場清掃を先延ばしにすることはできません。
まず多くの物品が残っている場合には、その中から遺品として大切に保管しておくものと、廃棄するものなどを仕分けしていき、その後で脱臭や除菌、さらに必要な個所のリフォーム作業が必要となります。
何らかの理由で遺体の発見が遅れてしまった場合には、通常のハウスクリーニング業者では対応できませんので、専門の業者に依頼する必要がありますが、ほとんどの方はこれまでそのような特殊清掃を行なう業者との接点がなかったはずです。
そのため「どこにお願いすればいいのだろう」と悩んでしまうことがあるようです。
大前提として、必要な作業をすべて行なえるだけの経験と機械がそろっている業者でなければなりません。
何かの作業の片手間で請け負っているような業者では、オゾン脱臭など専門的なことが行なえない可能性があります。
神戸を中心に活躍しているエイトマンは、これまで多くの現場において的確な作業を行なってきました。
多くの現場をこなしている経験あるスタッフと、特殊清掃に必要な機器がすべてそろっています。
詳細は希望に合わせて調整することができますので、まずは連絡してみることが最初のステップになります。