葬儀社は分かりやすく説明してくれる葬儀業者を選んでください

神戸の遺品整理はエイトマンに!

TOP>葬儀

葬儀費用は前もって業者に伝えておくことをお勧めします

身内が死亡したため、病院の紹介で葬儀社に依頼をした。

紹介を受けた葬儀社から担当者が来てくれて、いろいろと説明を受けたが、
とにかくそれまでの看病や前日の睡眠不足もあってほとんど把握できなかった。

よくわからなかったので、葬儀社が用意している平均的なプランでお願いをすることになった。

ところが、基本的なパックなのでほとんどが網羅されているかと思ったら、
それ以外での出費が意外と多く発生して驚いた。

食事や接待費、お寺へのお布施を合わせると結構な金額に上ってしまった。

葬儀社の見積りと照らし合わせて予想していた金額より倍近くもの出費となった。

これまでの生活の中で葬儀社に仕事を依頼した経験を多く持ち合わせているという方のほうが
少ないと思います。

普通に考えて、親族がなくなったときの葬儀に関連して、
何をどのように行なえばいいのかわからないはずです。

しかもわたしたちのまわりには複数の葬儀業者が存在しているため、
どのような基準で選べばいいのかわからないこともあります。

現実的に考えて、親族の死に直面してからゆっくりと考えている時間がありません。

そのため、事前にある程度のことを把握して準備しておくことは知恵の道であると言えます。

事前に複数の葬儀業者とコンタクトを取り、見積もりなどを参考にしながら
比較検討しておくことが助けになります。



* 葬儀費用に含まれるもの


葬儀に関係する費用を大まかに分類すると、

1. 葬儀に関係して葬儀社に支払う費用

2. 飲食に関係する支払い

3. お寺やお手伝いさんへの感謝

上記の出費のうち、たいていはお布施以外の出費はまとめて業者に支払うことになります。

飲食に関係する費用やお布施は、依頼先によって大きく費用が異なるということは少ないのですが、
葬儀そのものに関係する費用に関しては、どこに依頼するかによって大きく変わってきます。

できれば葬儀に際しての予算を決めておき、その金額を前もって業者に伝えておくとよいです。

葬儀社の用意したパンフレットやホームページの印象だけで決めるのではなく、
どんな葬儀をお願いしたいのかを明確にしながら、自分の希望に応じて丁寧や対応、
明瞭な料金体系、わかりやすい説明をしてくれる業者を選定してください。